スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本格的ビーフシチュー

ビーフシチュー(★★★★天に登る美味さ^^涙出ました)

IMG_1009.jpg


美味しそうな牛スネ肉とチリの赤ワインが安かったので、
味の濃~いビーフシチューが食べたい!と思ってつくることにした。

でもビーフシチューって実は1回くらいしか食べたことがない。

早速ネットで作り方を探してみる。
デミグラスソースを使うレシピが多かったので、買ってみた。

でももっと基本から作ってみたい!!
もう一度レシピを探すと、デミグラスソースを使わなくてもできることを発見!

早速取りかかる。

①ビーフと野菜を一晩ワインで寝かせます。
IMG_0984.jpg

②一晩寝かせたビーフをよく拭き取ります
IMG_0988.jpg

③バターでビーフの表面を強火で焼きます。
IMG_0990.jpg

④ビーフを取りだし、肉汁で野菜を炒めます。トマトとピーマンは味がより複雑になるので一緒に炒めます。
IMG_0991.jpg

⑤野菜を炒めます。野菜からのエキスが必要なので、焼き過ぎて水分が飛んでしまわないようにしたい!
IMG_0993.jpg

⑥野菜からエキスを絞り出します。かなりの腕の筋肉を使います。おかげで翌日筋肉痛です。
15分くらい絞るのにかかりました^^; 
絞るのは手ぬぐいよりフキンがいいです。手ぬぐいはきつかった・・
IMG_0994.jpg
※野菜はここでおさらばです!!
絞られたヘナヘナの野菜たちは、カレー粉で炒めるととーっても美味しい一品になりました!

⑦エキスに漬けこんでおいたワインを入れ、水かコンソメスープなどを入れます
ビーフを入れて2~3時間弱火でコトコト煮込みます。

⑧ニンジンとざく切り玉ねぎをバターで炒めておきます。

⑨小麦粉をバターで炒めて練ってルーを作ります。だまにならないようにします。できたら溶かしこみます。
IMG_0995.jpg

⑩ブーケガルニを入れます。

⑪味を調えます。まずは塩から。あとは、ソース、トマトピューレ、チャツネ(ないので黒蜜)、醤油など、ちょっとずつ入れないとせっかくの味が変わってしまいます。

⑫ニンジン、玉ねぎ、マッシュルームを入れます。少し煮たてててなじませます。
IMG_0996.jpg

⑬オーブンで焼きます。1時間くらい。マッシュルームは本当は⑫で煮込んでないと。。。
IMG_0997.jpg

⑭じゃがいももしくはパスタとかが合うと思います。

あまりに時間がかかるレシピで(翌日だけで5時間かかった。食べれたのは夜中の12時^^;)、
心身ヘトヘトになりあと人生で一回作るかどうか。。。
という感じだけれど、本当に本当に美味しかった。
こんなに料理に神経使って力を注ぎこんだのは初めて。
想い出のビーフシチューになりました。



材料:
①ワインに漬けこみむもの
牛、塩胡椒、ニンニク、タマネギ、セロリ、
ニンジン、赤ワイン

②炒めるもの
ワイン漬け牛肉、ワイン漬け野菜、ラードもしくはバター
トマトやピーマン

③ルー
水、煮込み中のスープ、小麦粉、バター

④ブーケガルニ(月桂樹の葉、クローブ、セージ、パセリの茎)
らしいけど、ブーゲガルニというものが売っています^^

⑤煮るもの
マッシュルーム、タマネギ、ニンジン

⑥味付け
塩、ウスターソース、トマトピューレ、醤油、
ジャム、キャラメルなど

⑦付け合せ
ジャガイモ、絹サヤエンドウ、スパゲッティ

⑧クズ野菜のカレー粉炒め
クズ野菜
カレー粉
醤油(ソース)

☆こちらを参考につくりました。
http://oisiso.com/dan_beef.html
スポンサーサイト

かんたんプリン | Home | ズワイガニとトマトのパスタ

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。